施術者紹介

外山 勝敏(そとやま かつとし) 


はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師です。

「そとやまのはり おきゅう」の院長。


姿勢や動作の確認はもちろん、東洋医学をベースとした脈診や特殊な診察方法を用い、目に見える範囲から、通常目に見えないところまでを調べあげます。

その時の心身に最適のツボや経絡を用いることで、無駄を省き、負担をかけることのない、最も治療効果が高まりやすい施術を致します。


はりは長さ1.5cm、太さ0.10mmの髪の毛と同様のものや、「てい鍼(ていしん)」という「刺さらない鍼」をメインに使用しており、痛みを与えない、リラックスしてお休みしていただけるような鍼灸治療を得意としております。


この施術スタイルにより、多くの方が抱えている首・肩こり、腰痛、五十肩、膝の痛み、腱鞘炎、眼精疲労、冷え性など、幅広いお悩みに対応可能です。


また、リンパ性浮腫、アトピー性皮膚炎、投薬による副作用軽減などの特殊な疾患等についても対応可能です。


労働、婚活、子育て、介護など、現代社会を生きる我々は様々な問題を抱えて過ごしています。

それらの問題を乗り切る為にも、資本となる体や精神のケアが大切です。

患者様一人一人と真摯に向き合い、心身を整えさせて頂く事で、皆様のお役に立ちたいと考えております。


どうぞよろしくお願い致します。